2012/01/20

SPEEDI その2


東京電力福島第一原子力発電所で、原子炉の状態などのデータを監視している国のシステムへ情報を送る装置に非常用電源が接続されていなかったため、震災直後に必要な情報を送れなくなっていたことが分かりました。
非常用電源が接続されていなかったのは、全国の原発の原子炉の温度や、周辺の放射線量などの情報をリアルタイムで監視する「ERSS」という国のシステムに情報を送るための装置です。東京電力によりますと、福島第一原発では、事故の4か月前のおととし11月、この装置に予備として非常用電源を接続することを計画していましたが、用意したケーブルの長さが足りずに、接続しないまま放置していたということです。このため福島第一原発では、去年3月11日の地震直後に外部電源を失って以降、必要な情報を送れなかったということです。この国のシステムは、およそ2時間後に故障して停止したため使えなくなりました。東京電力は「データを送る装置に予備の電源を接続することは自主的に提案したが、結果的に接続がうまくいかず、そのままにしてしまった。原子力安全・保安院と工事の時期を調整していたが、緊急性があるという認識はなかった」と話しています。これについて原子力安全・保安院の森山善範原子力災害対策監は「今後必要な情報が送れない事態にならないように全国の原発について、非常用電源の設置の徹底や伝送経路の多重化などを図りたい」と話しています。

もう事故というより事件だな