2012/03/08

【臨時 NICT 宇宙天気に関する臨時情報(2012年03月08日 10時00分 (JST))】

宇宙天気に関する臨時情報です。
担当: 佐藤
-------------------------------------------------

【プロトン現象】
7日16時00分(JST)、20時20分(JST)の臨時情報でお伝えしたプロトン現象の追加情報です。
7日5時0分(UT)に発生したプロトン現象について、静止軌道の10MeV以上のプロトン粒子フラックスはその後も上昇を続け、7日14時10分(UT)に1000PFUを超えました。
その後、7日23時5分(UT)に1740PFUに達し、現在は1500PFU前後で推移しています。
また、100MeV以上のプロトン粒子フラックスは、現在30PFU前後で推移しています。
7日0時頃発生したCME(コロナ質量放出)の影響により、プロトン粒子フラックスは再度上昇する可能性があります。

【地磁気嵐】
7日17時10分(JST)の臨時情報でお伝えした地磁気嵐の追加情報です。
7日4時20分(UT)に発生したSC型(急始型)地磁気嵐による地磁気水平成分の変化量は約106nTで、現在も継続中です。

【CME】
SOHO衛星のLASCOカメラによると、7日0時(UT)頃にFull Halo CME(コロナ質量放出)が発生しました。
この現象は、7日0時2分(UT)に発生したX5.4/3Bフレアに伴う現象と考えられます。
本日から明日にかけて、このCMEの影響が到来し、地磁気が乱れる可能性があります。


-------------------------------------------------------
 独立行政法人情報通信研究機構 宇宙天気情報センター

 http://swc.nict.go.jp/


 臨時情報連チャン!

太陽活動は活発

地震、噴火十分ありえる