2010/10/15

地球内核結晶構造





地球の中心部を占める「内核」の超高温高圧状態を実験室内で再現し、主成分である固体の鉄が極めて密度が高い結晶構造となっていることを解明したと、東京工業大と海洋研究開発機構、高輝度光科学研究センター(兵庫県佐用町)の研究チームが15日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 地球内部は地表から掘削して調べることができず、これまでは地震波の伝わり方などから推定するしかなかった。成分の性質が分かれば、約46億年前に誕生した地球の形成過程や磁場のメカニズムなどの解明が進むと期待される。
 東工大の広瀬敬教授らは、小さな円すい形の天然ダイヤモンド(0.2カラット、底面の直径約3ミリ)を2個用意し、先端同士を突き合わせる実験装置の開発と改良に長年取り組んできた。
 今回、ダイヤの先端同士の間に微量の鉄を挟み、377万気圧の圧力を掛けてレーザーで約5400度に熱し、内核の状態を再現。同センターの「スプリング8」のX線で調べ、「六方最密充填(じゅうてん)構造」と呼ばれる結晶構造に変化していることを突き止めた。



http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010101500060




う~ん、地球の中心は鉄の結晶体がクルクル回ってるって不思議!!