2009/12/26

餅つき


毎年続けている家族での餅つき。




僕がまだ赤ちゃんだった頃、この餅つきの振動で僕は気絶してしまった、と母が話した。

このトラウマになりそうな過去の出来事に反して、今、僕は家族での餅つきが好きだ。

ちっちゃい頃から無意識に体全体で感じていた餅つきの振動。

杵を振り下ろした振動が臼を伝って、大地を伝って、地球を覆い尽くし、宇宙に響き、僕の心と共振する。

刹那から不可思議へとの繰り返し。



無心。





気持ちイイ餅つきのリズムを永遠に繰り返していたい!



そんな雑念が僕の心に芽生え始める頃、程良く餅は出来上がる。